Company

「持続可能な社会におけるツーリズムの推進」を目的として石見銀山生活文化研究所との協業をユネスコシンポジウムにて発表

 

Huber.は石見銀山地域における持続可能な社会のツーリズムを推進していきます。


株式会社Huber.は株式会社 石見銀山生活文化研究所(本社所在地:島根県大田市、代表取締役会長︰松場 大吉、代表取締役社長:松場登美)と石見銀山地域における持続可能な社会のツーリズムを推進していくために、訪日外国人観光客と地域住民をつなぐ取り組みを進めていきます。

 

【概要】

3月15日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が主催する「ユネスコESDリーダーシップシンポジウム」が閉幕しました。この会議は持続可能な社会について議論されたもので、アフガニスタン、ブータンの教育大臣やラオス、フィリピンの教育行政責任者等、アジア約10カ国が参加しました。このシンポジウムの閉会の挨拶において、石見銀山生活文化研究所 松場登美代表取締役社長により、2つの取り組みを発表いたしました。

 

■発表内容

  • 訪日外国人観光客向けガイドの活動拠点を提供

群言堂 石見銀山本店前にある石見銀山生活文化研究所のサテライトオフィス「根のある暮らし編集室」の場所を、国際交流をしたい日本人と訪日外国人観光客をつなぐガイドマッチングサービス「Huber.」のガイドコミュニティの拠点として提供すること。

  • ガイドマッチングサービス「」を活用するガイドの活動支援

「Huber.」を活用して、大森町を紹介する「通訳役」「案内役」の方々の活動をサポートする。第一弾として、大森町を独自の視点で紹介するフリーペーパー『三浦編集長』でお馴染みの三浦編集長(三浦類)と、石見銀山生活文化研究所の「関わり社員」である伊藤俊一の2名の活動に対して支援を行う。



これらの取り組みは、地域住民による持続可能なツーリズムをつくることを目的として、ガイドコミュニティ活性化の1つの事例としていきたいと思います。

Author


Avatar