Company

JR東日本が開設する慶應義塾大学経済学部寄附講座に参加 「訪日外国人の理解」や「ガイド体験」を単位化

 株式会社Huber.(ハバー)(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:紀陸武史、以下「Huber.」)は、

東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)が慶應義塾大学経済学部に開設する寄附講座に講師陣の一員として参加し、インバウンドビジネスの最新動向に関する講義やガイド体験の機会を提供します。

 今回の取り組みは、JR東日本が2017年より開始した「JR東日本スタートアッププログラム」を通じて、Huber.と慶應義塾大学経済学部の3者の協業により新たに開始するものです。

(スタートアッププログラムでは、アクセラレーションコースでHuber.が133件の提案の中から協業候補となる11件の中の1件に採択された一方、同じくインキュベーションコースにて慶應義塾大学経済学部の学生による訪日外国人向けのガイドに関する提案も優秀賞に選ばれたことにより、3者の連携の運びとなりました)

 寄附講座においては、Huber.から市場調査や全国各地域との連携、訪日外国人の対応にあたる責任者が登壇しインバウンドビジネスの最新動向について講義するほか、学生自身が実際に訪日外国人との交流を通じて知見を深める実践的なプログラムも盛り込まれる見込みです。

《実施内容》
実施期間:2018年9月28日〜2019年1月下旬
実施講座:科目名「インバウンド観光ビジネス創造論」
Huber.の担当するカリキュラム内容(予定):
・Huber.会社沿革とビジネスモデル紹介
・外国人観光客ニーズ調査に向けた講習
・ガイド体験者のパネルディスカッション

 今回の取り組みにより、最新のインバウンドビジネスに関する知識、日本を訪れている外国人への深い洞察や、実践的な知見を身につけることが大学の単位として認められることとなります。   

 今後、Huber.は同様のプログラムが大学教育のプログラムの一環として採用されるよう、内容の充実に努めるとともに、仕組みの構築を目指してまいります。

 

【サービス概要】
運営会社  : 株式会社Huber.
サービス名 : Huber.
サービス内容: 日本を知りたい外国人観光客と、国際交流をしたい日本人の両者をつなぐ、訪日外国人向けのガイドプラットフォーム
サービスURL:   https://huber-japan.com

ガイド登録ページ: https://huber-japan.com/guides/welcome

コーポレートサイト:http://huber.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Huber. 広報担当:渡邉
TEL:0467-81-4300 / E-Mail:support@m.huber.co.jp

Author


Avatar